クラブ販売の「ホスピタリティパッケージ」の詳細

試合日程が大幅に変更になる可能性が高い試合のチケットを買ったりしてしまわないように、この記事を読んでチケットを購入する前に、まずは下の記事を必ず読んでください。


こちらの記事でご説明していますように、「メンバー販売」時にチケットを買うための抽選に当たる確率はとても低いので、実際には「クラブ販売のホスピタリティパッケージ」か「スポーティング・アフェア販売のホスピタリティパッケージ」を購入するのが現実的です。


こちらの記事では、クラブ販売の「ホスピタリティパッケージ」についてご説明します。


「ホスピタリティパッケージ」とは、試合の前に食事をすることができる(試合の後に食事をするパッケージもあります)食事付きのチケットです(食事は付いていないパッケージもあります)。


「ホスピタリティパッケージ」を購入するのにLFCのオフィシャル・メンバーシップに登録している必要はありません。


ですが、購入時に無料で登録できる会員登録はする必要があります。チケット購入画面で「Proceed」というボタンの下に、「To complete your order, please log-in with your Supporter ID number or click here to register」とあるので、メンバーシップに登録している人はここでログインしますが、登録していない人は「register」をクリックして会員登録してください。無料のサポーターIDを発行してくれます。チケットを複数枚購入する場合、チケットを購入する人だけが会員登録をすれば大丈夫です(同行者は会員登録する必要なし)。同行者へのチケットの渡し方は、【チケットはデジタルチケット】のところでご説明しています。


会員登録をすると、「My Account」に購入したチケットが表示されるのですが、購入したチケットが表示されるようになるのは、クラブからメールでチケットが送られてきた後になります。下の【チケットはデジタルチケット】のところでご説明しているように、チケットが送られてくるのは試合日5日前くらいになります。クラブからチケットが送られてきた後に「My Account」にログインすると、購入したチケットを確認することができます。


「ホスピタリティパッケージ」の販売方法は「メンバー販売」で販売されるチケットとは異なります。「抽選」に登録しておく必要もなく、「メンバー販売」で販売されるチケットのように、1シーズンに2回だけ、特定の日にだけ販売されるわけでもありません。


チケットが残っている限りいつでも買うことができます。


とはいえ、ユナイテッド戦、エバートン戦、最終節の3試合は、行きたい人が最も多い試合なので、シーズン開幕前に試合日程が出たら、すぐに購入することをおすすめします(シーズン後半戦の試合のチケットは、9月頃にならないと販売されないかもしれません)。また、CLの決勝トーナメントの試合も人気なので、UEFAの組み合わせ抽選会が終わって対戦相手と試合日が確定したら、すぐに購入することをおすすめします。


こちらの記事でもご案内させていただいていますように、試合日は日曜日に変更になったり、ときには金曜日の夜や月曜日の夜に変更になることがあります。また、FAカップ準々決勝や準決勝の日にプレミアリーグの試合が組まれていることもあります。リバプール、もしくは対戦相手がFAカップ準々決勝や準決勝に進出した場合、FAカップの試合が優先されるため、プレミアリーグの試合の試合日は大幅に延期になることがあります。


試合日が変わって試合を観に行けなくなってしまった場合、クラブ販売のホスピタリティ・パッケージなら返金してくれます(クラブ公式代理店のスポーティング・アフェア販売のパッケージは返金してくれません)。とはいえ、試合日が変わったら観に行けなくなってしまう試合のパッケージはなるべく購入しないように気をつけてください。


「ホスピタリティパッケージ」なら、プレミアリーグの試合のチケットだけでなく、CL/ELや国内カップ戦(FAカップやリーグカップ)の試合のチケットを買うこともできます。



【3種類のホスピタリティパッケージ】


クラブ販売の「ホスピタリティパッケージ」には下の3種類のものがあります。


 1. アンフィールド内のラウンジやレストランで食事ができるパッケージ

 2. アンフィールド周辺のレストランで食事ができるパッケージ

 3. シティセンターのホテル内のレストランで食事ができるパッケージ


まずはアンフィールド内のラウンジやレストランで食事ができるパッケージ(1)が販売され、続いてアンフィールド周辺のレストランやシティセンターのホテル内のレストランで食事ができるパッケージ(2と3)が時間差で販売されることもあります。


また、クラブは小出しにして販売することがあるので、全てのパッケージが完売してしまっても、少し待っていると他のラウンジやレストランで食事ができるパッケージが販売されることもあるので、こまめにクラブ公式サイトのホスピタリティパッケージのページをチェックして下さい。

3種類のホスピタリティパッケージの名前(カッコ内はレストランがある場所)、観戦するときの席の位置、食事がついているかどうかをご案内します。値段はご自身でご確認ください(「Select」を選択し、次の画面で席を選ぶと値段が出てきます)。


パッケージの名前はラウンジやレストランの名前でもあります。



【1】アンフィールド内のラウンジやレストランで食事をするパッケージ


1. Sevens Lounge(ケニー・スタンド)

  ・ケニー・スタンド1階のThe Kop寄りで観戦(Block KN)

  ・食事付き


2. Eights Lounge(ケニー・スタンド)

  ・ケニー・スタンド1階のアンフィールドロード・スタンド寄りで観戦(Block KG)

  ・食事付き


3. The Carlsberg Dugout (Kop End)(メイン・スタンド)

  ・メイン・スタンド2階のThe Kop寄りで観戦(Block M9)

  ・食事付き


4. The Carlsberg Dugout (Anfield Road)(メイン・スタンド)

  ・メイン・スタンド2階のアンフィールド・ロード・スタンド寄りで観戦(Block M1)

  ・食事付き


5. The Bootroom Restaurant(The Kop2階)

  ・アンフィールド・ロード・スタンド2階で観戦(Block 225)

  ・食事付き

  ・レストランの左隣にあるミュージアムに無料で入場可

   ※ The Bootroom RestaurantはThe Kopにありますが、観戦するときの席はアンフィールド・ロード・スタンドです。そのため、食事をしたら一度レストランを出て、The Kopと反対側にあるアンフィールド・ロード・スタンドまで歩き、アンフィールドロード・スタンド側の入場口からスタジアムに入ります。


6. 1892 Lounge(メインスタンド)

  ・メインスタンド1階中央付近のVIP席の近くで観戦(Block L14)

  ・食事付き


7. The Beautiful Game(メインスタンド)

  ・メインスタンド2階で観戦(Block M4)

  ・食事付き


8. The Reds Bar(ケニー・スタンド)

  ・ケニー・スタンド1階のThe Kop寄りで観戦(Block KG)

  ・食事なし(1ドリンクだけついていす。また、食事は購入可能です)


9. Brodies(アンフィールド・ロード・スタンド)

  ・アンフィールド・ロード・スタンド2階(AM4、AM5)

  ・食事付き


各ラウンジの詳細はこちらでご覧いただけます。

シートマップはこちら。


【2】アンフィールド周辺のレストランで食事ができるパッケージ


1. The Sandon(アンフィールドから徒歩10分のところにあるレストラン)

  ・アンフィールド・ロード・スタンド2階で観戦(Block 225、226、227、228)

  ・食事付き

  ・食事が終わったら徒歩でアンフィールドに向かうことになります

  ※ アンフィールド前の道(Walton Breck Road)を少し右のほうに行ったOakfield Roadにあるレストランです。アンフィールドまですぐなので移動は楽です。The SandonはリバプールFC誕生の地としても知られています。


2. The Isla Gladstone(アンフィールドから徒歩10分のところにあるレストラン)

  ・アンフィールド・ロード・スタンド1階で観戦(Block 126)

  ・食事付き

  ・食事が終わったら徒歩でアンフィールドに向かうことになります

  ※ アンフィールド・ロードの北側にあるスタンリーパークという公園の中にあるガラス張りの建物(植物園の温室のような建物)のレストランです。アンフィールド・ロードをグディソンパークの方向へ歩いて行くと右手にあります。

各レストランの詳細はこちらでご覧いただけます。


【3】シティセンターのホテル内のレストランで食事をするパッケージ


1. The Hilton(シティセンターのアルバートドック近く)

  ・アンフィールド・ロード・スタンド1階か2階で観戦(Block 126、227、228)

  ・食事付き(宿泊はついていません)

  ※The HiltonからスタジアムまでとスタジアムからThe Hiltonまでのバスでの送迎サービスあり


2. The Crowne Plaza(シティセンターのピアヘッド近く)

  ・アンフィールド・ロード・スタンド1階で観戦(Block 127)

  ・食事付き(宿泊はついていません)

  ※The Crowne PlazaからスタジアムまでとスタジアムからThe Crowne Plazaまでのバスでの送迎サービスあり


各レストランの詳細はこちらでご覧いただけます。


おすすめのホスピタリティパッケージはどれか?


試合を見やすいスタンドで観戦できるパッケージを選ぶか、値段が安いパッケージを選ぶか、スタンドの近くにあるラウンジを利用できる利便性を選ぶか、人によって優先するものが異なりますから、どれがおすすめかは一概には言えません。


ですが、値段、席、利便性を総合的に考慮した上であえて選ぶならば、Sevens Lounge、Eights Lounge、Reds Barをおすすめします。安くはないですが、1892 LoungeやThe Beautiful Gameほど高くはなく、スタンド近くのラウンジを利用できる上に、ケニー・スタンドの前のほうで観戦することができるので、生で見る迫力も感じられます。ただし、Sevens Loungeはthe Kop寄り、Eights Loungeはアンフィールド・ロード・スタンド寄りなので、反対側のゴール付近は見えにくいです。


メインスタンドで観戦できるパッケージの中で一番安いのはThe Carlsberg Dugout (Kop End)とThe Carlsberg Dugout (Anfield Road)です。ですが、The Carlsberg Dugoutは観戦する席がメイン・スタンド2階になるため、ピッチまでかなり遠くなり、生で見る迫力は薄れてしまうかもしれません。


値段は高くてもいいからメインスタンド1階の中央という最も試合を観やすい席で試合を観たいのであれば、The 1892 Loungeです。近くには選手の家族などVIPが座っています。


ご存知の通り、メインスタンドは2017年に新しくなりましたから、メインスタンド内のラウンジはどれもとてもキレイです。Sevens Lounge、Eights Lounge、Reds Barははおすすめですが、ケニー・スタンドにあるラウンジなので、メインスタンドにあるラウンジほどピカピカのモダンなラウンジではありません(それでも十分に満足できるとは思います)。


アンフィールド周辺のレストランで食事をするパッケージでおすすめしたいのは、The Sandonです。アンフィールドまで歩いてすぐなので、移動が楽です(The Isla GladstoneよりThe Sandonの方がアンフィールドまで近いです)。


The Isla Gladstoneもアンフィールドまで徒歩10分ぐらいなので、決して悪くはありません。


The HiltonやThe Crowne Plazaのように、アンフィールドまでの送迎バスがあるパッケージはポイントが高いと思います。試合後に自力でシティセンターまで戻る場合、シティーセンター行きのバスに乗れるまでに30分以上列を作って待つことになりますが、The HiltonやThe Crowne Plazaのパッケージを買っておけば、ホテルの送迎バスにすぐに乗れるので、バス待ちの必要がありません。



★ 下の記事もぜひ参考にしてください。



【チケットを購入する前に】


チケットを購入する前に、まずはクレジットカード会社に電話をして(電話番号はクレジットカードの裏面に記載されています)、「海外サイトで買い物をしたいので一時的にセキュリティを解除してください」と頼んでおくことをおすすめします。VISAやMasterでも、日本発行のクレジットカードだと、カード会社が決済をブロックしてしまうことがあるからです。普段海外のサイトで買い物などしていない人が、突然海外のサイトで大きな買い物をすると、カード会社が不正利用を疑うためです。


とくに、以下のどちらかに当てはまる場合は必ずクレジットカード会社に電話をしてセキュリティを解除してもらってください。


・そのクレジットカードの限度額が10万円以下である場合

・これまでにそのクレジットカードで海外サイトで高額(10万円以上の)買い物をした経験があまりない場合


どちらかに当てはまる場合は、決済時にブロックされてしまい、支払いができないことがあります。


観戦者とカードの名義人は異なっていても大丈夫ですので、親御さんの許可を得られれば、親御さんのクレジットカードを使っていただく方が安心です(ただし、親御さんのクレジットカードを使用される場合も、決済できないこともあります)。


使用可能なクレジットカードの中にはJCBカードも表示されていますが、JCBでは支払えなかった例があります。VISAかMasterを使ってください。


上のどちらにも当てはまらない場合でも、決済できないことがあります。その時は別のクレジットカードを使ってみてください。


それでもダメな時は、HospitalitySales@liverpoolfc.com にメールして(件名の最初に「Urgent」と書いてください)、決済できないことを伝えてください。クラブが別の方法を教えてくれるかもしれません。



【チケットを購入するときに気をつけたいこと】


チケット購入画面でメールアドレスを入力するときは、必ずPCアドレスを入力して下さい。@i.softbank、@ezweb、@docomoといった携帯キャリアのアドレスは絶対に使わないで下さい。携帯キャリアのアドレスを使うと、LFCからの「予約完了」メール(「LFC Hospitality Booking Confirmation」というタイトルのメール)が届かないことがあります。

食事をするラウンジやレストランにはドレスコードがあるのですが、たいてい「スマートカジュアル」です。ジーンズ+リバプールのユニフォーム+スニーカーといった服装で大丈夫です(短パン+サンダルといったラフすぎる服装でなければOK)。


ですが、The 1892 LoungeとThe Beautiful Gameのドレスコードは「ビジネスカジュアル」です。男性はジャケット着用、女性もキレイな服装で行くようにしてください。



【チケットはデジタルチケット】


21/22シーズン以降、アンフィールドで行われる試合のチケットは全て「NFCパス」と呼ばれるスマホにダウンロードするタイプのデジタルチケットになっています。


iPhoneを利用されている場合は「Appleウォレット」に、Androidを利用されている場合は「Googleペイ」にチケットを保存することになります。


試合日1週間前頃になると、「Liverpool FC - You have been sent a ticket」というメールが送られてきます。「1週間前」というのはあくまで目安で、実際には試合日5日前頃に送られてくることが多くなっています。試合日2、3日前になることもあるので、送られてくるまで根気よく待ってください。


基本的に、1つ前のホームの試合が終わるまでは次の試合のチケットは送られてきません。そのため、ミッドウィーク(水曜日や木曜日)にもホームの試合(リーグ、CL/EL、カラバオなど)がある時は、週末の試合リーグ戦のチケットが送られてくるのは最速でもそのミッドウィークの試合の翌日以降になります。


ミッドウィーク(水曜日や木曜日)の試合のチケットを買った場合も同様に、1つ前のホームのリーグ戦の試合が終わらないとチケットは送られてきません。1つ前のホームの試合が土曜日や日曜日にあった場合、ミッドウィーク(水曜日や木曜日)の試合のチケットが送られてくるのは最速でも月曜日(あるいは火曜日)になるということです。


そのため、フライト中に送られてきて、イギリス入りしてからダウンロードする…といったこともよくあります。


ですが、万が一、試合日前日になっても送られてこない場合は、HospitalitySales@liverpoolfc.com にメールして問い合わせてください。不安かとは思いますが、試合日2日前までは問い合わせはせずに待ってください。不安になった人が大勢問い合わせのメールを送ったりすると、チケットが送られてくるのがさらに遅くなってしまう可能性があります。


クラブから「Liverpool FC - You have been sent a ticket」というメールが届いたら、メールをスマホで開いでください。


メールには「NFC Ticket Download」というPDFファイルが添付されています。そのPDFファイルの中に「Appleウォレット」や「Googleペイ」にチケットを追加するためのボタンがあります。


iPhoneを利用されている方は「Add to Apple Wallet」というボタンを、アンドロイドを利用されている方は「GPay Save to phone」というボタンをタップしてください。


また、クラブからチケットが送られてきた後は、マイアカウントにログインすると購入したチケットが表示されるようになります。同行者がいる場合、マイアカウントにログインすると、「Distribute」というボタンがあるので、クリックします。次の画面でチケットを渡す人の名前とメールアドレスを入力し、「Ticket Distribute」をクリックします。そうすると、入力した同行者のメールアドレスにチケットが送られてきます。


チケットのダウンロードの詳しいやり方は、下の記事の【チケットはデジタルチケット】というところを参照されてください。

【デジタルチケットがダウンロードできない場合は紙のチケットを発券してくれます】


「Appleウォレット」や「Googleペイ」にチケットを追加するためのボタンを押してもチケットが「Appleウォレット」や「Googleペイ」に追加されない(画面が真っ白になってしまう、文字化けしてしまうなど)という事象がときどき起きています。


その場合は、すぐにクラブに連絡して、「Appleウォレット」や「Googleペイ」にチケットが追加できないことを伝えてください。


クラブに連絡するときは、下のリンクにあるContactフォームを使ってください。

「Enquiry Type」は「Match Ticketing」を選び、「Enquiry sub-type」は「Hospitality」を

選びます。お名前、メールアドレス、電話番号を入力する欄が出てくるので入力します(お名前は英語で入力してください)。


サポーターID(ない場合は入力しなくて大丈夫だと思います)、住所の1行目、生年月日を入力し、「Next」をクリックすると、タイトル(Subject)と本文(message)を入力する画面になります。


タイトル(Subject)にチケットを購入した時の「注文番号(Order Ref)」を入力します。9桁ぐらいの番号だと思います。


本文(message)には「Appleウォレット」や「Googleペイ」にチケットが追加できないことを英語で書いてください。画像を添付することもできるので、エラーになっているスマホの画面を添付するといいでしょう。


「Submit」をクリックすると、まずは自動返信メールが送られてきますが、翌日か翌々日には、「紙のチケットを用意しておきますので、試合前にメインスタンドにある『Ticket Collection』までチケットを取りに来てください。その際、写真付きの身分証明証を持参してください」という返事が返って来ます。


「写真付きの身分証明証」はパスポートしかありませんから、試合日に、「Ticket Collecton」にパスポートを持って行き、「Could I collect my ticket?」と言ってください。紙のチケットを発券してくれます。




チケットを買ったけど行けなくなってしまったときは?


ホスピタリティパッケージを買ったけど、都合が悪くなって行けなくなってしまったという場合、HospitalitySales@liverpoolfc.com にメールしてクラブにそのことを伝えてください。


1年以内の他の試合と交換できるバウチャーか、「リファンドバウチャー」のどちらかを発券してくれます。「リファンドバウチャー」を発券してくれるということは、要するに返金してくれるということですが、すぐに返金してくれるわけではなく、「リファンドバウチャー」の発券後に返金…という流れになるようです。詳細は HospitalitySales@liverpoolfc.com にメールしてクラブに直接聞いてみてください。


キャンセルする場合のキャンセル料については何日前にキャンセルするかで違ってきます。下のリンクの「5. Changes to Match Dates & Refunds」というところに記載されています。キャンセル料を差し引いた金額が返金されます。

このように書かれています。


(i) less than 14 days prior to the date of the Match 100% of the total price paid for the Matchday Hospitality Ticket (including any administration charges);

(ii) between 15 and 30 days prior to the date of the Match 75% of the total price paid for the Matchday Hospitality Ticket (including any administration charges);

(iii) between 31 and 60 days prior to the date of the Match 50% of the total price paid for the Matchday Hospitality Ticket (including any administration charges); and

(iv) more than 60 days prior to the date of the Match 10% of the total price paid for the Matchday Hospitality Ticket (including any administration charges).


また、ホスピタリティパッケージは他の人(自分の知り合い)への譲渡も可能なので、代わりに行ってくれるご友人がいれば、その人にチケットを譲渡するのは良いでしょう。ですが、SNSなどで知り合った人にチケットを譲渡するのはお勧めしません。ホスピタリティパッケージは高額で、10万円くらいするものもあります。見ず知らずの人に「10万円を自分の口座に振り込んでください」とお願いするのは無理があり、過去にトラブルになったケースがあります。譲渡するより、キャンセルして返金してもらうことをお勧めします(上記の通り、キャンセル料は取られますが)。


こちらもご覧ください。


【お子さんを連れて行かれる場合】


「小さい子供を連れて行きたいのですが、子供にもチケットが必要ですか?」というご質問をときどきいただくのですが、まずは、5歳以下の小さいお子さんをアンフィールドに連れて行かれることはあまりお勧めできません。スタジアムの中には、子供を遊ばせておけるようなスペースはありませんし、ゴールが決まったときなどは、みなさん我を忘れて飛び跳ねたりしますから、お子さんには危険なこともあるかもしれません。


「The 1892 Lounge」のパッケージであれば、ラウンジに窓があってラウンジからピッチが見える可能性がありますが、ラウンジの中から試合を観戦するのは難しいでしょう。


どうしても、ということでお子さんを連れて行かれる場合、1歳未満のお子さんにも大人と同じチケットが必要となります。



【クラブの正規代理店「スポーティング・アフェア」の利用おおすすめ】


クラブの正規代理店「スポーティング・アフェア」でもThe Reds Barのパッケージを購入できます。クラブの方では売り切れてしまっても、「スポーティング・アフェア」では残っている可能性がありますので、ぜひ「スポーティング・アフェア」での購入も検討してみてくだしあ。

「スポーティング・アフェア販売のホスピタリティパッケージ」については下の記事をご覧ください。



現地観戦情報用「LINEオープンチャット」


チケットの買い方や現地観戦に関する情報交換ができるLINEオープンチャットがありますのでぜひご参加ください。


チケットや現地観戦に関するご質問もこちらのオープンチャット内でお願いします。


ご質問される前に、まずは当サイトの「現地観戦ガイド」のページと「チケットの買い方」のページにある記事を全て読んでからご質問ください。


また、オープンチャットに参加されましたら、ノートに張ってある2本の動画(「現地観戦講座2022(リバプール)1. チケット編」と「現地観戦講座2023(リバプール)2. 移動&ホテル編」)をご覧ください。


チケットに関しては、クラブが販売しているチケットとクラブの正規代理店が販売しているチケットに関するご質問にしかお答えできませんのでご理解いただけましたら幸いです。

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSC Japan / OLSC Japan)

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ:Liverpool Supporter Club Japan)の公式サイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000