初めてアンフィールドへ行く方へ

1. イギリスへ

日本からリバプールまで行く場合、飛行機でロンドンのヒースロー空港に飛び、ロンドンから国内便の飛行機、電車、長距離バスなどでリバプールへ向かう方法と、飛行機でマンチェスター空港まで飛び、マンチェスターから電車や長距離バスでリバプールへ向かう方法があります。

東京(成田/羽田)からロンドンまで直行便を就航しているのは、BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)、JAL、ANAの3社のみです。

ですが、時期によっては直行便は運賃が非常に高くなります。中東系の航空会社(カタール航空、エミレーツ航空、エティハド航空など)を利用した乗り継ぎ便で飛ぶと、比較的安くロンドン入りすることができます。

マンチェスター入りする場合、日本からマンチェスターまでの直行便はないため、パリやアムステルダムなどヨーロッパの都市へ飛び、マンチェスター行きの便に乗り継ぐことになります。

利用できる航空会社や運賃は、HISなどの旅行代理店のサイトやエクスペディアなどでご確認いただけます。  

また、イギリスや海外に行くのが初めてという方は、お近くの旅行代理店(HISやJTBなど)に出向いてスタッフに相談されることをおすすめします。


2. 試合日の1、2日前にはイギリス入りしましょう

試合日当日にイギリス入りするのはおすすめできません。たとえミッドウィークのキックオフ時間が遅い試合であってもおすすめできません。

天候やエンジントラブルなど、さまざまな理由で飛行機は遅れる可能性があります。また、イギリスでは電車が遅れたり運休になったりすることが多いため、たとえ飛行機は予定通りに到着したとしても、電車が遅れてキックオフ時間に間に合わなくなる可能性もあります。

ロンドンやマンチェスターに到着したら、その日はロンドンやマンチェスターで1泊し、次の日にリバプールに向かうことをおすすめします。


3. 試合日は変更になる可能性があります

テレビ放送やカップ戦の関係で、試合日は変更になることがあります。

元々は土曜日だった試合が日曜日に変更になったり、ときには金曜日や月曜日に変更になることもあります。また、日にちの変更はなくても、キックオフ時間がランチタイムになったり、17時以降の遅い時間になったりすることもあります。

土曜日の試合が日曜日に変更になる可能性を考えると、リバプールからロンドンやマンチェスターへ戻るのは月曜日にするのが望ましいと言えます。そして、月曜日はロンドンやマンチェスターに1泊し、火曜日に日本に戻る飛行機に乗るようにするのが最も無理のないプランになります。

上記のことを考慮すると、たとえ1試合観るだけでも、最低5日間は必要になるということがおわかりになると思います。

また、2月以降はカップ戦(FAカップやリーグカップ)の試合が入ってきます。リバプールがカップ戦で勝ち進んでいくと、カップ戦の試合がリーグ戦と同じ日や直前(直後)に入ることがあります。そうすると、リーグ戦の試合が大幅に延期になることがあります。

2月以降の試合のチケットを買う場合は、事前にカップ戦の日程をよく調べ、延期になる可能性が少ない試合のチケットを買うことをおすすめします。

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ)

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ:Liverpool Supporter Club Japan)の公式サイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000