電車やバスでの移動

1. ヒースロー空港からロンドンまで


ヒースロー空港からロンドン市内まではヒースロー・エクスプレスという特急電車で約20分。


ロンドン市内のパディントン(Paddington)という駅に到着します。運賃は片道25ポンド(約4,000円)。往復券(Return)なら37ポンド(約6,000円)です。


切符はヒースロー空港のヒースロー・エクスプレス乗り場の券売機で購入します。帰りも利用するつもりなら往復券(Return)を買っておくほうがずっとお得です(往復券は1ヶ月間有効)。


1等車(Business First Class)と2等車(Express Class)がありますが、2等車で充分。上記の34ポンドというのは2等車の料金です。


エリザベスラインを利用すれば10.50ポンド(1,700円)でロンドン市内に入れます。所要時間は30分ほどです。


地下鉄ピカデリーラインを利用してロンドン市内に入る方法もあります。地下鉄を利用すれば、ヒースロー・エクスプレスよりずっと安くロンドン市内まで行くことができます。3.50ポンド(570円)です。


ただし、ロンドン市内まで1時間ぐらいかかります。また、ヒースロー・エクスプレスであればスーツケースなど大きな荷物を置くスペースがありますが、地下鉄の車両にはそのようなスペースがないため、荷物が大きい方にはおすすめしません。



2. 電車の時間や運賃の検索・切符の購入


イギリスの電車の料金体系は日本のそれとは全く異なります。イギリスでは、電車の切符は早く買えば買うほど安く買うことができます。当日駅で買うと非常に高いので、可能なら「National Rail」のサイトで事前に購入しておくことをおすすめします。このサイトで電車の時間や切符の種類、運賃を調べることもできます。


リバプールまで行く電車はロンドンのユーストン(Euston)という駅から出ます。「National Rail」のサイトで「From」の後に「London Euston」と入力し、「to」の後に「Liverpool Lime Street」と入力します。


「When」の後の「Leaving」という欄はそのままにし、「Today」と出ている欄をクリックしてカレンダーを表示させ、移動日を選びます。「at」の後ではだいたいの時間を選択します。


帰りの電車の分も一緒に検索したい場合は、「Return」の前にチェックを入れ、帰りの移動日や時間を選択します。


「Fastest trains only」の前にもチェックを入れておけば、直行電車だけが表示されます。


ここまで入力して「Go」をクリックすると、選択した日の選択した時間の前後の電車の切符の種類や運賃が表示されます。


切符には決まった日の決まった時間の電車にしか乗れないAdvance、その日のどの電車にも乗れるAnytime、ラッシュアワー以外の時間ならどの電車に乗ってもいいOff-Peakなどの種類があり、値段が大きく異なります。詳しくはこちらへ


National Railのアプリでも電車の時間を調べたり切符を購入することができます。



3. ロンドンで地下鉄やバスに乗るためのチャージ式カード


ロンドンで地下鉄やバスを使って移動したいという方は、オイスターカードというチャージ式のカード(日本のSuicaやICOCAのようなもの)を購入することをおすすめします。


ロンドン市内の地下鉄の駅の窓口で買えますが(ヒースロー空港の地下鉄乗り場でも買えます)、英語に不安があるという方は、「Visit Britain」等のサイトで日本にいるうちに事前購入しておくことも可能です。



5. 長距離バス「coach」


イギリスでは長距離バスのことを「coach」といいます。ロンドンーリバプール間の移動には「coach」を使うという手もあります。


ロンドンからリバプールまでは約5時間かかりますが(電車なら約2時間半)、電車より運賃がずっと安く、深夜の運行もしているため、夜の試合のあとでもこのcoachを利用すればロンドンまで戻ることも可能です。


詳細は「National Express Coaches」のサイトをご覧ください。



6. リバプールの中心部(シティセンター)からアンフィールドまで


リバプールの中心部(シティセンター)からアンフィールドまで路線バスで行く場合、Queen Squareというバス停が並んでいる通りの「6番」乗り場(マリオットホテルの前です)で17番か27番のバスに乗ります。


アンフィールドまでは片道2ポンドちょっと。


リバプールのバスは、コンタクトレスのクレジットカードや国際プリペイドカードをバスの運転席の横にある読み取り機にタッチするだけで乗ることができます。


15分ぐらいで到着します。バスがWalton Breck Roadという道路(住宅街)に入ると、左手前方にアンフィールドが見えてきます。


試合日には、シティセンターのSt. John's Laneという通り(マリオットホテルの側面の通り)からアンフィールドまでノンストップの特別バス(917番)も出ています。キックオフの3時間前からキックオフ直前まで運行しています。

試合終了後には、Walton Breck RoadとWalton Laneの交差点付近からこの917番のバスに乗ってシティセンターまで戻ります。試合が終わると、Walton Breck Roadに917番のバスがたくさん並んでいます。


ただし、乗れるまで30分〜1時間ほど待つことになります。


タクシーなら片道6~8ポンドぐらいですが、試合終了後にアンフィールド前でタクシーを捕まえるのは難しいと思ってください。



7. リバプールのバスの乗り放題パス「Saveaway Ticket」


「Saveaway Ticket」という乗り放題パス(ICカード)を使うと、1日何回バスに乗っても£3.90でリバプール市内のどこへでも行くことができます。


リバプールの中心部(シティセンター)からアンフィールドまで往復すると、運賃は4ポンドちょっとになるため、この「Saveaway Ticket」を使うほうがお得です。


「Saveaway Ticket」は、アンフィールドへ行くバスが出る「6番乗り場」の向かいにあるQueen Square Centre(Merseytravel Centreともいう)で購入できます。Queen Square Centreは時計塔のある丸い建物なのですぐにわかると思います。

「Saveaway Ticket」は使えるエリアによって値段が違いますが、シティセンターからアンフィールドまでなら「Area C」なので、「Area C」のものを買ってください。「Area C」のことを、地元の人は「local area」とも言います。「Saveaway Ticket」を買うときは…

「One Saveaway Ticket for the local area, please」と言えばいいでしょう。


「Saveaway Ticket」は最大で2日分使えるようにすることもできるので、2日分にして買いたい場合は…

「One Saveaway Ticket for the local area to use today and tomorrow, please」と言えばOK。


3日目もリバプールにいる場合は、購入した「Saveaway Ticket」を同じQueen Square Centreでチャージしてもらえます。「Saveaway Ticket」を見せて、「I'd like to use this as a Saveaway Ticket for today」と言えばチャージしてもらえます。


バスに乗車するときに、運転席の近くにある「カード読み取り機」の上に乗せるようにして置くと「読み取り機」が反応します。「読み取り機」が反応するまで1、2秒かかるので、「読み取り機」の上からすぐに動かさないようにしてください。


「Saveaway Ticket」についての詳細はこちらのp.20〜p.23をご覧ください。



8.  リバプールの乗り換え案内「Merseytravel」アプリ


リバプール版乗り換え案内とも言える「Merseytravel」というアプリがあります。


徒歩では行けないところに行く時は、このアプリで行き方を調べるといいかもしれません。


9.  リバプール以外の都市での乗り換え案内アプリ


ロンドンでは「Merseytravel」アプリは役に立たいので、ロンドンではこちらの「Ctymapper」というアプリを使ってください。

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSC Japan / OLSC Japan)

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ:Liverpool Supporter Club Japan)の公式サイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000