【レポ】6/25 LSCJ de ゆる~くフットサル@ラモスフィールド

久しぶりとなりました、LSCJ主催でのフットサル。

当日の様子を、私イベント担当の江波戸がゆる~く報告させてもらいます。

※以下の文章は、全て筆者の主観に基づくものであり、LSCJとしての見解ではないことにご留意ください。


会場は慣れ親しんだ東雲のラモスフィールド。

更衣室のドアを開けると、そこには赤いユニフォームを身にまとった選手の姿が!!!

気分だけは、一丁前にアンフィールのドレッシングルーム。

都合により画像を載せられないのが、非常に残念です。

(選手の体型とかはノーコメントでお願いします。)

さて、フットサルそのものですが、久しぶり過ぎる故か、「ゆる~く」と銘打ったにも関わらず、参加された皆さん、割とガチ目のプレー続出。


5人×5チームのリーグ戦にも関わらず、1試合目終了時点で既にやや息切れ状態の方も(笑)。


女子にも情け容赦ありません(笑)。


リバプールから緊急来日&参戦のアンドリューも、やはりスカウスの血が騒ぐのか、オフザピッチの穏やかな表情や語り口が嘘の様なハッスルプレー連発。


この日もアンフィールドでのゴールと同様、左サイドからのクロスをキレイにボレーシュートで決めたKO大学生の佐川氏。

※アンフィールでフルコートのサッカーをプレーし、かつファウラーと対峙した上に、KOPスタンド側のゴールに鮮やかにシュートを突き刺した佐川氏の独占インタビュー記事はこちら


オーストラリアでのスティービーとボビーの共演が、ここ東雲で再現!


早速、入魂の「GERARRD #8」を入れた来季のユニフォームでプレーしたイタツ氏(中)。


赤いユニが多い中、14/15アウェイの黄色いユニフォーム&シューズで完璧コーデで目立ちまくりのイベント担当山口氏(中)。筆者も欲しくなって、オンラインストアを覗いてみたものの、時すでに遅し。


この日は2ゴールを上げる大活躍の女子マネ。

今後はより一層マークがきつくなることでしょう。


海外留学を画策中のO津氏。


「フットサルなんてプラクティスシャツで十分だぜ」と言わんばかりに、バチバチの練習着で決めるK村氏。

そんな彼のアンフィールドでの現地観戦記は、ミスター・リバプールのロニー・モーランの追悼試合となったマージーサイド・ダービーと、ヒルズボロ追悼試合となったボーンマス戦の2試合。しかもその2試合の間には、マージー川を挟んで対岸のトランメア・ローバーズの試合を見に行くほどのスポーツ観戦好き。


好評発売中の来季のユニ(中)と、絶賛セール販売中のオリジナルネームを入れても税込み¥7,209(送料別)の今季のユニ(右)と、同様にセール中のプラクティスシャツ(左)¥2,549。

さぁ、オンラインストアで買った買ったぁ。


「#リバプール女子とデートなう」

ノッリノリでご協力をいただき、ありがとうございました<m(__)m>


最後は「ユナイテッドを倒した時の気分」を表しながら、みんなで記念撮影。

意外に大人しいリアクションの方が多いですね。

あのユナイテッドに勝ったんですよ!!!

ほら、

もっと妄想、モーソー、孟宗竹!!!


さて、フットサル後は、19時から大崎のさくら水産にて飲み会。

リバプールに関わるあんな話やこんな話で大盛り上がりしている所に、リバプールFCインターナショナル・アカデミー・ジャパン代表の清水氏も合流で、気付けば人によっては終電も怪しい23時。

翌日にはあの忌々しき月曜日が来ることを頭の片隅に入れながら、各々帰路へ。

こちらの写真撮影、ど忘れしましたぁ。

以上、LSCJフットサル&飲み会の報告でした。


7月16日(日)にも、フットサルとバーベキューを同日に開催しちゃう『真夏のビッグイベント』がありますので、リバプールのユニフォームを着て球を蹴りたい方や、リバプールについて語りたい方はもちろん、単純にバーベキューを楽しみたいという方まで、是非ぜひご参加ください。


LSCJイベント担当 江波戸雄一

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ)

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ:Liverpool Supporter Club Japan)の公式サイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000