アンフィールドの席の割り当てについて

2023年10月、アンフィールド・ロード・スタンド拡張により、7,000席増えてアンフィールドのキャパシティは61,000になりますが、


増える7,000席のうち、1,000席はシーズンチケットホルダーの席に、3,000席がオフィシャルメンバーの席(メンバー販売で買える席)になることが、クラブ公式サイトで発表されています


また、こちらには、1,800席がホスピタリティパッケージ用の席になるという記載があります。


これを基にすると、アンフィールドの席の割り当ては、だいたい以下のようになります。


3,000席: アウェイファンの席

27,000席: シーズンチケットホルダーの席

5,000席: スポンサー&関係者の席

13,000席: オフィシャルメンバーの席(メンバー販売で買える席)

11,800席: ホスピタリティパッケージ用の席

1,200席:  その他


というわけで、キャパシティが61,000になるといっても、メンバー販売で買える席は実際には13,000席しかありません。


さらに、この13,000席のうち、半数以上は昨シーズンのチケット購入履歴が13試合以上の人と4試合以上の人が占めます。


おそらくですが、昨シーズンのチケット購入履歴が4試合以上ない私たちに実際に割り当てられるのは5,000席ぐらいだと思われます。


その5,000席に、世界中のファンが殺到するため、メンバー販売の抽選に当たる確率は、かなり低いと思ったほうがいいでしょう。


とはいえ、もちろん、当たる人もいますから、宝くじを買うような気持ちでメンバー販売用の抽選登録をしておくことはお勧めします。


ただし、当たったとしても、メンバー販売で買える席は、あまり観やすい席ではないことが多いです。


観やすい席(各スタンドの中央付近、前の方、中段など)は、シーズンチケットホルダーとホスピタリティパッケージが押さえているからです。


メンバー販売で買える席は、メインスタンドの3階席など、ピッチまで遠い席になったり、端っこの方になったりすることが多いです。


というわけで、良い席で観たい場合は、最初からホスピタリティパッケージを購入するのがいいでしょう。

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSC Japan / OLSC Japan)

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ:Liverpool Supporter Club Japan)の公式サイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000