クラブの正規代理店「Sporting Affair」でポスピタリティパッケージを買う方法

リバプールFCの正規代理店であるスポーティング・アフェアでのチケットの買い方をご紹介します(2019年11月28日にスポーティング・アフェアのサイトがリニューアルしました)。

スポーティング・アフェアは、リバプールFCからホスピタリティ・パッケージ(観戦チケットにラウンジ利用や食事が付いているパッケージチケット)を販売する許可を得ている正規代理店です。


リバプール以外のBIG 6のクラブ(アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナム・ホットスパー)の正規代理店でもあるので、リバプール以外のBIG 6のホスピタリティ・パッケージを買うこともできます。


余談ですが、スポーティング・アフェアの社長のニック・スミスさんはリバプールファンで、ニックさん自身もリバプールの試合はだいたいアンフィールドで観戦しています♪


言語選択で日本語を選択することもできますが、現段階ではかなり怪しい日本語なので、英語のままにしておくことをお勧めします。


現在、スポーティング・アフェアでは、リバプールのチケットについては以下の4つのパッケージ・チケットを販売しています。


1. Centenary Club(アンフィールド内のラウンジでの食事付きパッケージ)Eチケット

2. Reds Bar(アンフィールド内のラウンジを利用できるパッケージ)Eチケット

3. Premier Club(アンフィールド内のラウンジでの食事付きパッケージ)Eチケット

4. Sandon(アンフィールドの外にあるレストランでの食事付きパッケージ)紙チケット


試合よって、販売していないパッケージもあります。


上の4つのパッケージについて、簡単にご説明します。


1. Centenary Club

スポーティング・アフェアが販売しているパッケージの中では一番値段が高いパッケージ。席はサー・ケニー・ダルグリッシュ・スタンド(バックスタンド)の2階席の前の方。ピッチのほぼ中央(センターライン上)です。ピッチを俯瞰して見ることができるので、スポーティング・アフェアが販売しているパケージの中では一番試合を観やすい席になります。

チケットの受け取り方法: 試合日数日前にメールでEチケットが送られてきます。必ずプリントアウトして(モノクロでOK!)スタジアムに持参してください。スマホの画面を見せるだけでは入場できません。


2. Reds Bar

スポーティング・アフェアが販売しているパッケージの中では一番値段が安いパッケージ。席はサー・ケニー・ダルグリッシュ・スタンド(バックスタンド)のKOPスタンド寄りのコーナー付近で、かなり前の方の席になります(最前列が5席あるそうで、早めに購入すれば最前列になることも!)。スポーティング・アフェアが販売しているパッケージの中では、ピッチに一番近い席に座れるパッケージです。選手たちを間近に見ることができるので、迫力満点です。KOPスタンドにも近いので、最も熱狂的な地元のファンが座るKOPスタンドの様子も近くで見ることができます。また、試合前に選手たちがウォームアップをするとき(ウォームアップはキックオフ45分前頃から始まります)、リバプールの選手たちはKOPスタンド側でウォームアップするため、ウォームアップの様子も近くで見ることができます。ただし、ピッチ全体を見渡して試合を観たい人には、Reds Barでなく、Centenary ClubやPremier Clubをお勧めします。Reds Barのパッケージでは、サー・ケニー・ダルグリッシュ・スタンドにあるReds Barというラウンジを利用することができますが、食事はついていません。ただし、その場で食事代を支払えば食事をすることはできます。CLの試合のときは、UEFA関係者がReds Barを使用するため、CLの試合に関してはReds Barのパッケージは販売していません。

チケットの受け取り方法: 試合日数日前にメールでEチケットが送られてきます。必ずプリントアウトして(モノクロでOK!)スタジアムに持参してください。スマホの画面を見せるだけでは入場できません。

こちらスポーティング・アフェア販売のReds Barのパッケージで18/19シーズンのカーディフ戦を観戦してきた日本支部会員の方のブログです。ラウンジの様子や観戦時の席など、参考にされてください。


3. Premier Club

Centenary Clubよりは安く、Reds Barよりは高いパッケージです。ラウンジの場所と席はサー・ケニー・ダルグリッシュ・スタンドの2階。下の図の通り、Premier Clubのラウンジは2箇所あり、1つはKOPスタンド寄りに、もう1つはアンフィールド・ロード・スタンド寄りにあります。ピッチを俯瞰して見ることができるため、Reds Barよりは試合を観やすい席です。

チケットの受け取り方法: 試合日数日前にメールでEチケットが送られてきます。必ずプリントアウトして(モノクロでOK!)スタジアムに持参してください。スマホの画面を見せるだけでは入場できません。

こちらスポーティング・アフェア販売のPremier Clubのパッケージで18/19シーズンのCLレッドスター戦を観戦してきた日本支部会員の方のブログです。ラウンジの様子や観戦時の席など、参考にされてください。


4. Sandon

スポーティング・アフェアが販売しているパッケージの中では一番値段が安いパッケージ。Sandonはアンフィールドから徒歩5分ぐらいのところにあるレストランです。試合日当日は、キックオフ前にまずSandonへ行って食事をし、それからアンフィールドへ向かいます。観戦する席はアンフィールド・ロード・スタンド(KOPスタンドと逆側のゴール裏)になります。リバプールの選手たちがアンフィールド・ロード・スタンド側に攻めてくるときは迫力満点です。また、普段テレビで観ているのとは違う角度で観られるのも新鮮でおすすめです。

チケットの受け取り方法: リバプールで泊まるホテルに配達してくれます。直接Sandonに配達してもらうこともできるので、チケット購入時に、支払い画面の右側にある、「Ship to a different address?」にチェックを入れて、Sandonの住所を入力しておくことをお勧めします。


スポーティング・アフェアでのチケットの購入方法


チケットを購入する前に


チケットを購入する前に、まずはクレジットカード会社に電話をして(電話番号はクレジットカードの裏面に記載されています)、「海外サイトで買い物をしたいので一時的にセキュリティを解除してください」と頼んでおくことをおすすめします。VISAやMasterでも、日本発行のクレジットカードだと、カード会社が決済をブロックしてしまうことがあるからです。普段海外のサイトで買い物などしていない人が、突然海外のサイトで買い物などをすると、カード会社が不正利用を疑うためです。


とくに、以下に当てはまる場合は必ずクレジットカード会社に電話をしてセキュリティを解除してもらってください。


・そのクレジットカードの限度額が10万円以下である場合

・これまでにそのクレジットカードで一括で5万円以上の買い物をしたことがない場合

・これまでにそのクレジットカードで海外サイトで買い物をした経験があまりない場合


上の3点のどれかに当てはまる場合は、決済時にブロックされてしまい、支払いができません。


観戦者とカードの名義人は異なっていても大丈夫ですので、親御さんの許可を得られれば、親御さんのクレジットカードを使っていただく方が安心です。ただし、親御さんのクレジットカードを使用される場合も、上の3点のどれかに当てはまっている場合は決済できない可能性があります。


「チケット購入時に決済がブロックされてしまいました。どうしたらいいでしょう?」というお問い合わせだけでも毎日のようにいただいていまして、日本支部でも対応が追いつかない状況です。ご理解いただけましたら幸いです。


【チケットの購入の仕方】


まずは「Select a club」のところで、6クラブの中から「Liverpool」をクリック。

「Choose a Match」のところで、試合名の右側に「Select Match」という赤いボタンがついているものの中から、観戦に行きたい試合の「Select Match」をクリック。

選んだ試合のチケットの購入ページになったら、「Available Packages」という文字の右にある「Choose an option」の右にある▼をクリックして、希望のパッケージ(Premier ClubやSandonなど)を選びます。

赤字で表示されている金額(£395.00 Ex VATなど)の下に小さく「4 in stock」など、チケットの残り枚数を示すグリーンの文字が表示されています。「4 in stock」なら、「チケットの残り枚数4枚」ということです。


金額が表示される部分に「Call for Price」と赤字で表示されている場合、「値段は電話でお問い合わせください」という意味ですが、これは「そのうち販売する予定ではあるものの、値段はまだ決まっていません」ということです。そのため、実際のところは電話で問い合わせても明確な回答は返ってきません。値段が決まって金額が表示されるまで、こまめにサイトをチェックしてみてください。


チケットの残り枚数を示すグリーン文字の下にある窓は、デフォルトでは「1」となっています。もし2枚購入したいようならここで「1」と出ている窓の右のほうをクリックすると、小さな▲▼が出てくるので、クリックして「2」に変更し、「Add to cart」をクリック。


小さなウィンドウが表示され、「Would you like to book a hotel?(ホテルも予約したいですか?)」「Yes」「No」と出ますが、そこは触らずに、そのウィンドウの右上にある「View Cart」「Continue Shopping」「Checkout」の中から「Checkout」をクリック。

「Billing details」には、支払いに使用するクレジットカードの登録名や登録住所(お住いの住所ではなく、クレジットカードの登録住所)を入力します。複数人分のチケットを買う場合でも、代表者の方のお名前と住所だけを入力すれば大丈夫です。

「Country」は「Japan」を選択。

「First Name」には下の名前を入力(例: Taro)。

「Last Name」には名字を入力(例: Yamada)。

「Company Name」は、「会社名」ですが、学生の方は大学名でOK(例: Hosei University)。

「Prefecture」では、クレジットカードの登録住所の「県」を選択。

「Zip」には、クレジットカードの登録住所の「郵便番号」を入力(例: 2790022)。

「Town/City」には「市」(東京23区なら「区」)を入力(例: Urayasu-shi)。

「Address」の上の行(Street address)には「町名」を入力(例: Imagawa)。

「Address」の下の行(Apartment, suite, unit etc.)には「番地や部屋番号」を入力(例: 3-4-2-201)。

「Email Address」には必ずPCアドレスを入力して下しあ。携帯キャリアのアドレス(@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp、@ezweb.ne.jpなど)は絶対に使わないでください。海外からは、日本の携帯キャリアのアドレスには送信できません。

「Sign me up for the newsletter!」は、チケット情報などのDMを送ってほしい場合はチェックを入れます。

「Phone」には支払いに利用するクレジットカードの登録電話番号を入力します(例: +819012345678)。

「Create an account?」は会員登録を希望する場合はチェックを入れます。会員登録をすることをお勧めします。会員登録をしておくと、チケット購入後に、自分が購入したチケットの詳細を確認できるからです。


「Billing details」の右側の「Ship to a different address?」は、購入するパッケージがCentenary Club、Reds Bar、Premier Clubの場合はチェックは入れず、そのままにしておきます。


「You confirm that you have read the Booking conditions」の前の□にチェックを入れます。

「You agree to item 12 of the booking conditions」の前の□にチェックを入れます。

「Order notes (optional)」は空欄のままでOK。


購入するパッケージがSandonの方は、「Ship to a different address?」の前の□にチェックを入れます。名前や住所を入力する欄が現れますが、ここにはチケットを配達してほしいホテル(リバプールで泊まるホテル)の住所を入力します。直接Sandonに配達してもらうこともできるので、以下のようにSandonの住所を入力しておくことをお勧めします。

「Country」は「United Kingdome(UK)」を選択。

「First Name」には下の名前を入力(例: Taro)。

「Last Name」には名字を入力(例: Yamada)。

「Company Name」は、「会社名」ですが、学生の方は大学名でOK(例: Hosei University)。


Sandonの住所は「166-182 Oakfield Rd, Liverpool, Merseyside, L4 OUH」なので、


「Address」の上の行には「Sandon」と入力。

「Address」の下の行に「166-182 Oakfield Rd」と入力。

「Town/City」には「Liverpool」と入力。

「State(optional)」には「Merseyside」と入力。

「Zip」には、「L4 OUH」と入力。


「International orders」は空欄のままでOK。

「You confirm that you have read the Booking conditions」の前の□にチェックを入れます。

「You agree to item 12 of the booking conditions」の前の□にチェックを入れます。

「Order notes (optional)」は空欄のままでOK。


「Your order」に表示されているチケットに間違いがないか確認してください。

「VAT」はイギリスの消費税(付加価値税ともいう)で、商品代金の20%になっています。

「Total」は、チケット代にVATを加えた合計金額です。


その下に、クレジットカードの詳細を入力します。使用できるカードはVISA、Master、AMEXです。


親御さんのクレジットカードで決済する場合、「Card Holder Name」には親御さんのお名前を入力します(例: KAZUO YAMADA)。


「Card number」、「Expiry(有効期限)」、「Card code(セキュリティコード)」を入力したら、「Place order」をクリックします。


支払いが完了すると、「Thank you for your order」というメールが届きます。メールが届けば、無事に購入完了です。


きちんと購入できたかどうかが心配な場合は、1週間後ぐらいにクレジットカードのオンライン明細を見るか、クレジットカード会社に電話をして、クレジットカードにチケット代の請求が来ているかどうかを確認してみてください。カードに請求がきて入れば、無事に購入できています。


購入したパッケージがCentenary Club、Reds Bar、Premier Clubの場合、あとは試合日数日前にメールでEチケットが届くのを待つだけです。ミッドウィークにも試合があるなど試合が立て込んでいるときは、Eチケットが添付されたメールが届くのが遅くなりがちのようです。これまで、試合日の前日に届いたという方もいらっしゃいました。ですが、チケット購入後に「Thank you for your order」というメールが届き、クレジットカードにもチケット代の請求がきて入れば、きちんと購入できていますので、Eチケットがなかなか届かなくても心配されないでください。


購入したパッケージがSandonの場合は、Sandonでチケットを受け取るときに名前の確認が必要になるかもしれませんので、名前を確認できるもの(パスポートがいいでしょう)を持参してください。



【ドレスコードについて】


スポーティング・アフェアが販売しているパッケージでのドレスコードは、全てスマート・カジュアルですので、ジーパン+リバプールのユニフォームといった服装で大丈夫です(短パン+サンダルといったラフすぎる服装でなければOK)。


各ラウンジの説明ページに写真も出ていますので、写真に写っている人たちの服装を参考にされるといいと思います。


【注意事項(キャンセルについて)】


初めてアンフィールドへ行く方へ」のページでもご説明させていただいています通り、試合日は変更になることが多々あります。最初に発表された日より前の日に変更になったり、翌日や翌々日に変更になることも高い確率であります。試合を放送するテレビ局の都合で変更になるのです。


ですので、「万が一試合日が翌々日に変更になってしまった場合は行けない…」という場合は、チケットは購入されないほうがいいでしょう。


スポーティング・アフェアの利用規約(Terms and Conditions)のページの「Consequences by Cancellation by the client」のところの「1 Cancelation by the client」には、「Corporate Hospitality, Special Events and Hotels with Hospitality Tickets. If a booking or part of a booking is cancelled by the client more than sixty days before the event date, the client shall be liable for 50% of the total price of the booking.」と書かれています。


「試合日60日以上前にキャンセルすれば、50%は返金される」ということです。つまり、試合日60日を過ぎてからキャンセルする場合は、返金不可ということです。


また、プレミアリーグやリバプールFCの公式サイトの試合日程のページで試合日が変更されていても、スポーティング・アフェアのサイトには反映されていないこともあります。


プレミアリーグやリバプールFCの公式サイトに出ている試合日とスポーティング・アフェアのサイトに出ている試合日が異なる場合、正しいのはプレミアリーグやリバプールFCの公式サイトに出ている試合日のほうです。


ちなみに、19/20シーズンのプレミアリーグの試合日の変更がいつ発表されるか(放映するテレビ局がいつきまるか)は、プレミアリーグのサイトの「Premier League live TV 2019/20 fixture announcement dates」というページを見るとわかります。


例えば、2月の試合でしたら、「Feb 13 December 2019」とありますので、12月13日には試合日が変更されるかどうかが確定するということです。


また、リバプール公式サイトの試合日程(Fixtures)のページで、試合名の右側に「Sky Sports」や「BT Sports」など、テレビ局の名前が出ている試合は日程が確定しています。


テレビ局の名前が出ていない試合については、日程が変更になる可能性があります。


毎シーズン、多くの試合の試合日が変更になりますので、試合日が前日や翌日や翌々日に変更になった場合は行けない…という場合はチケットを購入しないことをおすすめします。もしくは、試合日が変更になって行けなくてなってしまった場合は返金されないことは覚悟の上、購入してください。


よろしくお願い致します。

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ)

リバプール・サポーターズクラブ日本支部(LSCJ:Liverpool Supporter Club Japan)の公式サイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000